出会いに恵まれる女性の特徴と行動や考え方!これで出会いが増える?

出会いに恵まれる女性とは?

緊張した時、イヤなことも経験しているので、暗くならずに、明るくなれます。

誰しも人と出会った時には緊張します。
出会いの緊張に慣れていない人は暗くなります。

それでも体験を採り返していくと、やがて明るく振る舞えるようになります。
ドキドキした時に笑えるようになるのは、トレーニングで獲得したからです。
英語を覚えるのと同じです。

「出会ったけど過去にイヤなことがあった。それがトラウマになって、出会いが怖くなった」と言う人がいます。
「だけど出会いがほしい。でも出会うのが怖い」というジレンマの中で、出会いがどんどんなくなっていきます。
出会いの回数が少ない人は、「またよくないことが起こるのではないか」と不安になります。

「相手は自分をだまそうと思っているのではないか」「自分に不利益を与えるのではないか」と考えて暗くなるので
それでも出会って、失敗を繰り返していいのです。

イヤなことをたくさん体験することで、「世の中には、いい人もいる」ということがわかってきます。
出会いがすべてハッピーなことにつながるとは限りません。
最初のうちはハズレが出ます。

初心者で出会いの仕方がわからないので、仕方がありません。
そうこうするうちに、まぐれで当たることがあります。

「こうしたら当たりが増えるぞ」ということが、だんだんわかってきます。
ハズレの確率が減って、当たりの確率が増えていくのです。
まぐれの当たりを引く前にやめてしまった人は、出会いに対してネガティブな印象が残ります。

人間は、本質的に出会いを求めています

「出会いたい」という気持ちを消し去ることはできないのです。
「私は出会いはいらない」と言い切れるなら、ラクです。
出会いにネガティブな印象を持ちながら、「でも、出会いた い」と思う気持ちはストレスになります。

出会うためには、ハズレをいくつも体験しながら、まくれの当たりを体験します。
学習しながら、当たりの数を増やしていくのです。
それが出会いに恵まれるための工夫です。 出会った時に暗くなる人は、イヤな体験数が少ないのです。

出会った時に明るく振る舞える人は、イヤなことを沢山体験してきたのです。
出会いに恵まれる女性になるためには イヤなこともいっぱい経験しよう。
出会いに恵まれる女性は、「場数が少ないから」と、甘えない。
残念な女性は、出会った時の立ち居振る舞いが横柄に見えます。

横柄が出会いにつながることはありません。
横柄な人が好きな人はいないからです。

緊張に慣れよう

ラーメンの味は好みです。濃い味が好きな人もいれば、薄い味が好きな人もいます。
けれども、トイレが汚れているのが好きな人はいません。横柄も、それと同じです。

横柄になるのは、場数が少なくて緊張しているからです。 緊張すると、最初の反応は横柄になります。
どうしていいかわからないからです。 いわば防御反応です。
「出会った時に、どうしても横柄にとられて暗い印象を与えてしまうんです。本当は全然暗くないのに」と言う人がいます。

そして、「だって、私は場数が少ないんだから仕方がない」と言うのです。 これは努力の放棄です。
本来であれば、ほかの人がその人に向かって言う言葉です。
自分がそれを言ってはダメです。

出会うには場数を増やす

出会いたいなら、「場数が少ない」という言い訳で終わらないようにします。
まずは、少ない場数を増やしていく工夫をすることです。
2番目は、少ない場数の中で学習していく必要があります。

共通しているのは、場数の少なさを埋める必要があります。
残念な女性は、場数が少ないことを大義名分にして、何もしていません。
「私が出会いに恵まれないのは、私のせいじゃない」と言うこと自体が、出会いに恵まれない原因になっているのです。

出会いに恵まれる女性になるために場数の少なさを埋める工夫をしよう。

心の中で感謝するだけではなく、行動でお礼をする

出会いに恵まれる女性は、お礼をしています。
恵まれない女性は、「私だって心の中で感謝しています」と言います。
この人は、「お礼」と「感謝」との区別がついていません。

感謝は、「ありがたいな」と思うことです。
お礼は、「ありがたいな」と思うことを言葉と行動に移すことです。
すべての人が感謝しています。感謝が大切なことは、誰でもわかっています。
そこから差がつくのは、心の中で思っている感謝を「お礼」という言葉と行動に移せるかどうかです。

感謝があって、お礼ができる人は、出会いに恵まれる

人間には、感謝があって、お礼ができる人 感謝があって、お礼ができない人
感謝はなくて、お礼ができる人 とい3種類がいます。

残り2つの勝負で、感謝がなくて、お礼ができる人のほうがチャンスがあります。
心の中だけで感謝している人は、「感謝しているのだから、お礼はしなくていい」と思っています。
相手からすると、その人が感謝しているかどうかはわかりません。

「今日は、ありがとうございました」というLINEやメールができるかどうかで分かれます。
残念な女性は、感謝の気持ちがわかる、いい人です。

「感謝していることは以心伝心でわかる」と思っているから、お礼をしないのです。
タクシーに乗ってタクシー代を払うのは、お礼です。 いくら感謝していても、タクシー代を払わなければ警察沙汰です。

感謝は、人間として当たり前の事

お礼は、少しめんどくさいことです。
たしかに「今日は、ありがとうございました」というLINEやメールは、忙しい中ではめんどくさいです。
でも、それをすることで出会いにつながります。

「ヒマになったらします」というのは、お礼とは言わないのです。
めんどくさいことをするのが、お礼なのです。
出会いに恵まれる女性になるためにお感謝を、言葉と行動に移しましょう。

出会いに恵まれる女性は、紹介の重さを知っている

残念な女性は、とにかく紹介してもらいたがります。そのわりには、紹介してもらったあとの連絡がないのです。
紹介してもらっているありがたみ、重さがわかっていないからです。
これは情報化社会のもう1つの落とし穴です。

まずは、会う前に「ご紹介ありがとうございました。〇月〇日に会うことになりました」という連絡をします。
これがお礼です。 残念な女性は、まだ会ってもいないうちの連絡ができないのです。

会って、いい人なら、「ありがとうございます」が言えます。
いまいちな人を紹介された時は、役に立っていないのだから、別にお礼はいらないだろうと考えます。
いまいちだったことは言いにくいということもあります。
紹介してくれた人に「どうなりました?」と聞かれて、初めて「いや、言いにくいのですけど、いまいちでした。また 紹介してください」と言うのです。
この人は、次は紹介してもらえません。
すると、「紹介してもらえない。だから、私は出会いに恵まれない」と、ゴネ始めるのです。

紹介は、むやみにできることではありません。
ヘンな人を紹介すると、紹介者の信頼を落とすことになります。

出会いに恵まれる人は、紹介は重い

「自分の信頼度を落としてでも紹介できるか」ということです。
その人に何か粗相があったら、紹介した側の責任になります。

紹介を受ける側は、紹介者の信頼で会うのです。
その人に会いたいから会うのではありません。
自分とは関係のないところでやりとりが行なわれていることに、残念な女性は気づかないのです。

出会いに恵まれない人たちの世界では、むやみに人を紹介します。
信頼のやりとりは何もないので、断るのも平気です。
そもそも、つながっていないからです。

簡単に紹介してもらえるとか、簡単に会えるとは思わないことです。
大ぜいの人に会っているのに、出会いに恵まれない人がいます。

1回の出会いの重みが軽すぎる

砂漠のド真ん中で、すれ違う人が1か月に1人なら、その1回の出会いには重みがあります。

毎日毎日、いろんな人とすれ違っている人は、1回1回の出会いの重みがなくなるのです。

ある有名人が簡単に会ってあげると、彼らは「有名な人でも簡単に会えるんだ」と思い込みます。
それは大きな負の財産になります。 なかなか会えないということを、まず、学んでほしいのです。
出会いに重みを持つようにしたら、出会いを大切に出来て、恵まれます。

出会いに恵まれる女性は報告が早い

簡単に会えると、思わない。出会いに恵まれる女性は、紹介してもらったら、中間報告をする。
「ご紹介ありがとうございました。早速、連絡してみます」というのが中間報告です。
報告で大切なのは、複数回するということです。

先方のアドレスを教えてもらったら、「ありがとうございます。早速、連絡してみます」が、1報日です。
「連絡してみました」が、2戦目です。
「お返事をいただいて、今度○月○日に会うことになりました」が、3報日です。
「今日、会ってきました。こういうことがありました」が、4報目です。

少なくとも、この4報は必要です。
4報出している人と、なしの人がいるのです。
微妙なのは、「会ってきました」という報告だけの人です。

出会いに恵まれるか恵まれないかは、運ではありません。
報告を4回入れているか、1回しか入れていないかで差が生まれます。
まったく報告しない人より、1回だけ報告する人のほうがチャンスをなくします。

「私はちゃんと報告している」と思っているからです。
その人は、紹介された相手から「〇〇さんからご連絡いただきました。今度〇月〇日に公います」という連絡が紹介者に行っていることに気づいていません。
もちろん「今日、お会いしました。こういうことがありました」という連絡も行なっています。

それを先にされたら、もう報告ではなくなります。
出会いに恵まれる女性は報告が早いのです。

才能のある人は、人のために役立つ

出会いに恵まれる女性は、頼まれたことができる人です。
当たり前のことのようですが、残念な女性は、これがなかなかできません。

頼まれたことより、好きなことをしたいからです。
多くの人が、「好きなことをしたい。そして、好きなことをするための出会いに恵まれたいと考えています。
「好きなこと」と「出会い」という2つのことを求めているのです。

たまたま出会った人が好きなこととつながらなければ、それは「出会い」とは呼びません。
目先の出会いを捨ててしまうことによって、チャンスを逃がします。
その出会いは、やがて自分の好きなことにつながる可能性もあるのです。

もう1つは、「才能がないから出会えないのではないか」と迷うことです。
残念な女性は、「才能」「好きなこと」「出会い」という3つのことを追いかけまわします。

その結果、1つも手に入らないのです。
出会うためには、まず、頼まれたことをします。 頼まれたことが好きではなくても、それをちゃんとできる人が出会える人です。
それを捨ててしまう人が出会えない人です。
多くの人が「才能のある人が好きなことをして、才能のない人は好きなことができない」と勘違いしています。

才能のある人は好きなことをしていません

むしろ才能のない人は好きなことをしています。才能のある人は好きなことをしてはいけないのです。
この場合、才能とは自分が勉強したことです。

たとえば、飛行機の中で病人が出ます。
「どなたか医療関係の方はいらっしゃいますか」と言われます。
この時、オフで飛行機に乗って海外旅行に行く途中のお医者さんがいました。
その人は、飛行機の中で好きな映画を見 るのを楽しみにしていました。
ふだんは見に行けないからです。 その時、そこで好きな映画を見ることが許されるかということです。

医療に関係ない人、医療の才能がない人ならいいのです。
医療の才能がある人は、病人がいる時は見たい映画をガマンして、病人を診る責任があります。
好きなことをしたいなら、才能はないほうがいいのです。
才能を身につけた時点で、好きなことはできなくなります。
才能のある人は、頼まれたこと、人の役に立つことをしています。

それをすることで、結果、出会いにつながるのです。
出会いに恵まれる女性になるために。頼まれたことをする女性になりましょう。

考え方の違う人に出会う

世の中には、いろんな人がいることを知る。
「出会いがない」と言っている人は、同じ人とばかり会っています。

同じ人とごはんを食べ、同じ人と話し、同じ人とやりとりをしているのです。
出会いがないから、同じ人とやりとりをしているのではありません。

同じ人とばかりやりとりをしているから、出会いがないのです。
ニワトリが先か、卵が先かの問題です。

同じ人とばかり話しているから出会いがないし、出会いがないから同じ人と話すという負のスパイラルになるのです。
新しい人と話すことで、出会いが生まれます。
出会いがあるから、新しいやりとりが生まれます。これが正のスパイラルです。
切り替えるポイントは、「同じ人とばかり会わない」ということです。ここがスタートです。

いろいろな人に会うのはエネルギーがいります。
お金も、時間もいるし、精神的なしんどさもあります。
いろいろな人に出会っている人を見て、「あの人は自分と違って社交的だから」と言う人がいます。
社交性は、持って生まれたものではありません。 勉強と体験を積み重ねて、みずから獲得した能力です。

社交性のある人は、ドキドキしながら、みずから知らない人に会いに行く努力をしたのです。
「自分は生まれつき社交性がない。親からの遺伝だから仕方がない」と言うのは、ただの責任転嫁です。
情報化社会が危ないのは、新しい人に出会わなくてもすむことです。

同じ人と同じSNSの中で、そこそこ不具合なく暮らしていけます。
ネットがない時代は、みずから外に出ていかないと、ひとりぼっちになります。

家で寝転がっていてもネットでつながっているように感じられるのが、情報化社会の怖さなのです。
出会いに恵まれる女性になるために、 同じ人とばかり、会わないように気をつけましょう。

女性完全無料の出会い系

  • LINEで送る