人を好きになる。男女の恋愛で活発になる脳の領域はどこ?

  • LINEで送る

恋愛中、活発になる脳の領域

男女でホルモンの分泌状況が異なるように、恋愛中に活発になる脳の領域も男女で異なります。

中でも大脳基底核に位置する尾状核と中脳にある腹側被蓋野は、恋愛中の男女の精神状態に 重要な働きをしていますが、特に女性の場合、 記憶、情動、注意などを司る尾状核が活発化します。

一方の男性は、視覚皮質と視覚情報を処 理する領域(視床下部と扁桃体)が活発化しています。

ちなみに、激しく燃え上がる恋愛は尾状核、 愛情が生まれるのは被殻(脳の中央部に位置す る)と淡蒼球(大脳基底核の一部)、性欲や性 衝動は脳の左脳が主に影響しているという研究結果が出ています。

一般的に、女性は過去の記憶をたぐり寄せ、 相手の男性の性格などを分析し、自分にふさわしいパートナーとなれるかどうかを判断しようとします。

男性は、まず視覚で女性を恋ができる相手かどうか判断します。このように、 女性脳、男性脳が恋愛におけるパートナー選びの違いを生み出しているといえるでしょう。

恋愛の気持ちを脳で捉える試みの始まり

脳の研究が飛躍的に進歩したのは、MRI(核磁 気共鳴画像)やMEG(脳磁図)の技術が登場してからといえるでしょう。

特に、磁場と電波を用いて体内を撮影するMRIの出現によって、頭を切り開かなくても脳の活動を観察できるようになりイギリスの心理学者・神経生物学者バーテルズ と脳科学者ゼキは、恋人ができたばか りで舞い上がっている若い男女を対象に脳の状態を観察しました。

そして明らかに異なる男女の脳の状態と活発化しているドーパミンを発見したの です。また、アメリカの神経科学者ブラウンらが恋人ができたばかりの男女を対象に、恋の力、恋に破れた男女の脳を研究しました。

  
       
  
    
  • LINEで送る