モテも経営も戦争も一緒!女性を知ることで恋愛が始まる!

  • LINEで送る

敵を知り、己を知れば百戦殆うからず

これは古代中国の兵法家、孫子の言葉で、「敵の兵力・装備・陣形・武将・作戦などに関する情報を得て、自軍のことを理解していれば、負けることはない」という意味です。

第2次世界大戦の時、アメリカは孫子の兵法を徹底的に研究し、戦略という概念を確立しました。
古代の兵法が、近代の戦争にも活かされたのです。結果は皆さんご存じのとおりです。
この戦略という試合、今では経営にまで応用されています。

経営学の世界なのに、軍事用語である「戦略」が使われて いるのは、経営学が軍事の世界から派生したからなのです。
そして、恋愛の世界でもまた、この戦略という概念が使えます。

敵を知る

まずは女性を知ることから恋愛は始まります。
女性の考えがわかれば、女性の好みのタイプに近づくことも可能です。
女性との会話も盛り上がりますし、女性を楽しませることもできるようになります。

女性を知る

「自分(己)が今、どういう状況にあるのか。
服装は? 髪型は? 趣味は? 好きなテレビは? 1つひとつ分析していけば、女性から見て何が足りないのか、そして何が魅力になるのかを知ることができます。
孫子の言う「敵を知り、己を知れば」を実践できれば、恋愛の世界でも成功します。

当然です。 だって、普通の男性はここまで考えて行動していないのですから。
普通の男性の一段上の行動を取ることで、恋愛における成功率を格段に上げることができます。
モテるためには、孫子の言うように、まずは敵、女性を知ることから始めましょう。
女性の好きな事は弱点、苦手な部分や何をしたら喜ぶなのかは攻撃、性格も人それぞれ違います。
女性を知ることで、より恋愛がうまくいきやすくなります。友人も仲間のように味方にしましょう。

女性は、我々男性とはまったく違う生き物です。
見た日も、体のつくりも違いますし、脳の構造も、見ている世界も違います。
あまりの違いに、驚いたりあきれたりするかもしれません。

でも、女性を知れば知るほど、いかに「男性的考えでモテようとしても意味がない」かがわかってくることでしょう。
もう一度言います。 女性から見てイイ男でなければモテません。そのことをしっかりと頭に入れて、恋愛しましょう。

  
       
  
    
  • LINEで送る