女性は感情をつかまれると弱い生き物!女は男と違って感情的なのは脳が原因?

  • LINEで送る

女には男が見えないものが見える

男と女は違う生き物です。見た目も違うし、脳の構造も考え方も違います。 たとえば見えている世界。
冷蔵庫内のバターを探す時、男性は上の列から順番に見ていきます。しかし、女性はそんなことはしません。

一瞬で冷蔵庫の中全体を見渡すことができるからです。
「女性は車の運転が下手」といわれるのも、このためです。男性と女性とでは、見えている世界が違うのです。

女性は、自分の見た光景を平面的に見る習性があります。
そのため、視野は広いのですが、奥行きや距離感を測るのが往々にして苦手。
一方の男性は、自分の見た光景を立体的にとらえる習性があるので、立体的に示しなければならない運転や射撃などが得意なのです。

このように男性と女性とでは、同じものを見ても、見え方も、とらえ方も違います。これは、物事の考え方においても同じことがいえます。

女性は感情的である

よく「女性は感情的だ」といわれますが、本当にそのとおりで、女性は男性よりも「感情」を重視した考え方をしています。

それには、脳の仕組みが関係しています。 脳には左脳と右脳があります。
その左脳と右脳をつなぐ橋の役割をする脳栄という部分、これが男性より女性のほうが太いのです。

そのため、女性は左脳と右脳の情報のやりとりが活発です。
この大量の情報を処理するために、女性は「感情」を使って考えます。
なぜなら、1つひとつの情報を正確に分析していたら、いつになっても判断が下せません。

だから、「なんとなく」で判断が下せるように感情を使うのです。
感情は、大量の情報を効率的に扱うための仕組みというわけです。
言い換えると、女性は感情に強く訴える物事に弱い面があります。

よくナンパの達人が「女性をホテルに誘って断られても、最後に土下座をすればOKになることもある」と言います。
実際にこれは正解です。お金を渡すよりも効果があるでしょう。
なぜなら、土下座をすることによって、女性の感情に強く訴えかけることができるからです。

「ここまで真剣にお願いされるのだから」と女性の感情が判断し「ホテルに行ってもいい」という結論になるのです。
女性に接する時は、女性の感情に訴えかける行動をするとよいでしょう。

  
       
  
    
  • LINEで送る