女性は男性の気持ちを試して、さらには共感を重視する?受け入れることが大事!

  • LINEで送る

女性は「まるまる受け入れてほしい」と思っている

女性は人の気持ちを試す

女性は男性とはまったく違う生き物であることを知ってますか。
女性の特徴を見ていきましょう。

女性は、他人の気持ちが気になる生き物

たとえば「私、こんなことを言って嫌われたんじゃないかしら」と考えることが、よくあります。だから、言葉に気を 遣います。

その一方で、自分が好かれているのか嫌われているのかを確かめたいがために、男性に「ワガママ」を言ったりします。
付き合うと「あれが欲しい」とか「おなかが減った」とか 今すぐ会いたい」などといった無茶やワガママを言ってくることがあります。

この時、その無茶にある程度応えてもらえると、女性は「(こんなワガママに応えてもらえるほど) 私、好かれているんだ、よかった、幸せ」と考えます。
男性は大変ですが、こうした女性のワガママには付き合ってあげる必要があるのです。

とくに、付き合った後の女性はワガママになります。覚悟しておいてください。
反対に付き合った後も女性がワガママにならないとしたら、当方に気を許してくれていない証拠です。

その時は、彼女の話をじっくり聞くようにしてください。
そうすると少しずつ、心を開いてくれることでしょう。

女性は共感を重視する

男同士の会話では次のような話が成り立ちます。
「俺、うまいラーメン屋知っているんだ」
「俺のほうが、もっとうまいラーメン屋を知っているよ」
会話と会話を戦わせ、自慢合戦をするのです。
男性は会話と会話を戦わせて言葉遊びをたしなみます。

しかし、女性は争いを好まない生き物なので、会話と会話を戦わせるという言葉遊びを好みません。
女性同士だったら、次のような会話になるはずです。
「私、おいしいイタリアン知っているんだ」
「えーほんと教えてよ、今度行ってみる!」
このように、相手の言葉をそのまま受け止めようとします。

お店で女性同士がこんな会話をしているのを聞いたことがあるのではないでしょうか。
「これ、かわいいね」
「うん、すっごくかわいいー」

どう考えてもかわいく見えないものであっても、一方の女性が「かわいい」と言うと、もう一方の女性も同調する。

これが女性の会話の特徴です。

女性は「共感」を重視する生き物

女性と会話する時には「共感」の芯を示すことが大切です。
女性が「かわいい」と言ったら「かわいいね」と返す。
女性が「キレイ」と言ったら「キレイだね」と返す。

こういう会話の方法を身につけておくと、女性から「この人とは話が合う」と感じてもらえるようになります。

争うのではなく共感する

女性には「共感」する、恋愛では大事ですので、忘れないでください。

  
       
  
    
  • LINEで送る