通りすがりの異性を一瞬で計算する脳!女性の美人の条件とは?

  • LINEで送る

恋愛は脳が判断している

ただ、無くて速いの体の動きにしても、無意識のうちにものすごい速さで膨大な量の情桜を処理していることは事実です。

たとえば、道を歩いている時、通りすがりにある女性を見て、瞬間的に「美人だ」と息を呑んだとします。
しかし、その行には膨大な量の情報が猛スピードで処理されているのです。

「美人とは、究極の平均価である」ということを解明したある研究があります。
女性の平均的な立ちをコンビュータ上でどんどん重ねていくと、 その先には美人顔が現れるというものです。

しかし、本当に平均的な顔が美人ならば、世の中の多くの女性の顔は平均顔なのだから、世の中には美人があふれていることになる。

けれども必ずしも事実はそうとはいえないではないか、という疑問が湧いてくるかもしれません。
その理由としては、こうです。 ひと言で「平均」といっても、ひとつのを作成しているパラメータ(条件)は何百通りもあります。

目の大きさ、鼻の長さ、類の高さ、顔の広さ、眉のアーチ…。

それらがすべて「平均」值にならなくては、夫人にはならない。だとすると、仮にその人の顔を構成している要素のうち七〇 パーセントは平均值だとしても、あとはちょっと個性的…..という顔立ちであれば、いわゆる平均的な「美人」にはなりません。「味のある風」というような結論に達するのです。

つまり、通りすがりに見た女性の顔を「美人だ」と判断するには、その人の血が持つ何百もの要素、パラメータを一瞬にして照合するという、非常に複雑で高度な計を超スピーディに行っているという事実があるのです。

女性の美人の条件

しかも「美人」の条件は顔だけではありません。
全体から優し出す雰囲気や、発するオーラなど、そういうことまでコンピュータに入力しようとするのだから、それこそが膨大な量の情報を、瞬時に入力して計算させなくてはならない。そのような複雑な情報処理は一瞬にして行っているわけで、単なる一目惚れとはいえ、人間の脳のすごさを証明する時間でもあるのです。

  
       
  
    
  • LINEで送る