どんな奥さんになりたい?プロポーズはこんな言葉がいい。そんな結婚感について!

  • LINEで送る

「女は家庭」なんて言葉があるけど、ホントにそう思ってる?

ますます増えるキャリア・ウーマン、女性の上司…男の立場からはヘタなことを口にできないご時世である。

しかし、若い女性のホンネはどうなのか。
全国成人女性5000人を対象にした総理府の調査によると
「女は家庭」の考え方を否定した女性は40.3%。 同感と答えた35・9%を上回っていた。
やはり「女も仕事」。ただ女心は常に変化しています。

3年後の同調査では、否定派は30.9%と減少、同感派は36.6%と増加している。
とくに20代における変化が顕著で、否定派が47.7%から39・8%に落ち込んでいる。
つまり、最近の若い女性は「女は家庭」も悪くないと思っているということだ。

結婚や出産に対しても、仕事に執着しないで、一時中断型を支持する女性が過半数を占めた。
「ひとまず専業主婦をやって、育児が終わったら、また動いてもいいでしょ」

いつまでたっても「男は仕事」しかない。
専業主夫をやりたくても、男性には選択権がないんです。

結婚したら彼にやってもらいたい家事は?

東京ビューティセンターが首都圏在住の18~29歳のOL・女子大生を対象に
「女性が描く理想の結婚生活」をテーマに 行なった調査の中に、
「結婚後に男性と分担したい家事は何ですか?」という項日があった結果は?

ゴミ捨て(50.5%) 食事の後片づけ(42.0%) 買い物(39.9%) 掃除(38・4%) 同食事の支度(37.0%)
結婚しても子供ができるまでは共働きというカップルが多い。そのかわり当分は家事も共働きになりそうだ。

妻が専業主婦になり、たいてい夫の家事分担は自然消滅するといったパターンになるが、ゴミ捨てだけは別だ。
朝、出 かけにポイッと捨てるだけだからと、ゴミ捨てはいつまでたっても大の仕事として残る。

新婚旅行で行きたい国は?

海外旅行ブームで、近頃は、新婚カップルにハネムーンの行き先を聞いたら、たいてい海外。
では、女のコたちがハネムーンに行きたいと思っているのは、どこの国?

東京ビューティセンターの調査によると、1位は「オーストラリア」で22.4%、2位は「ヨーロッパ」で15.7 _%。3位は「ハワイ」で14.3%。あとは5%以下の少数派に好みが分かれていて、「カナダ」、「スイス」、「アメ リカ」、「ギリシア」、「ニューカレドニア」、「エジプト」、「ニュージーランド」など。

「エイビーロード」が、婚約中のカップルに、ハネムーンで行きたい都市を尋ねてみると、「ニューヨーク」、「シドニ ー」、「ロンドン」、「パリ」、「ホノルル」……の順。

1位の「ニューヨーク」が、東京ビューティセンターの調査とだいぶ違うけれど、オーストラリア、ヨーロッパ、ハワイは、やっぱり人気がある。

友だちの結婚式で泣いてしまう理由

結婚披露宴の会場で、頬を上気させたり涙を流したりしている女性。
多感なのか、友だちや同僚の結婚式にとても感動しているみたいだけど、どんなところに感動しているのかな?

OL・女子大生593人を対象に行なった調査では、
トップは「花束贈呈」で43.3%。2位は13.3%の「花嫁 の涙」。ついで「花嫁の両親への言葉」、「友人のスピーチ」、「花嫁の両親の涙」、「花嫁の美しさ」。

女性は結婚にどんなイメージを持っている?

最近は女のコたちの結婚観も、ずいぶんシビアになってきた気がするけれど、実際のところはどうなんだろう女性は、結婚にどんなイメージを持ってるのか?

アルトマン研究所が、独身女性434人に複数回答でアンケート。30歳以下の独身女性は、1位が「幸福」で2位が「愛情」。あとに、「責任」、「出発」、「子供」、「忍耐」、「未来」とつづく。 4歳以上は、1位は「責任」。2位は、3歳以下と同じく、愛情」だが、割合はずっと減っている。

若い女性は、結婚に夢を持っているようだけど、年齢が上がると、もっとシビアになって、「責任」の方に目を向けるようになる。

どんな奥さんになりたいと思ってるの?

「近頃は、友だち夫婦というのが流行りだとか。昔みたいに、亭主関白だとか、なんでも夫の言いなりになる奥さんなんて、もう古くなってきています。では、いまどきの女性は、どんな奥さんになりたいと思っているんだろう。

10代~30代の独身女性1500人を対象にしたアンケート (複数回答)でいちばん多かったのは171人の「明るい妻」。2位が635人の「賢い妻」。3位が「かわいい妻」で627人。4位が「友だちみたいな妻」で616人。ついで、「料理が上手な妻」、「おしゃれな妻」、「自立した妻」、「尽くす妻」、「従順な妻」の順。やっぱり、「尽くす」、「従順」なんていう昔風のタイプよりも、対等に楽しくつき合えるタイプの妻になりたい人が多いようです。それのほうが楽だから。

プロポーズはこんなセリフを使って

女性は「○○記念日」が大好き。
だからプロポーズの口は 記念日帳にしっかり記録させるし、そのときの言葉も絶対に忘れない。
女性は、恋人からの一言を待ちこがれているのだ。

そこで、彼女たちが「希望するプロポーズの言葉」は何かというと、いちばん多かったのが愛情や個性の感じられる 「言葉」です。やはりありきたりの言葉ではダメかと思いきや、2位には「結婚しよう」が20%で続いているから、ストレートなのも捨てがたい。
3位は「一緒に暮らそう」。意外と不人気なのは「同棲。と勘違いされるからか?」
プロポーズはふたりの関係の大きな転換期ではあるが、そう神経質になることはないと思います。

  
       
  
    
  • LINEで送る