結婚で夫として許せない男性タイプと夫に求めるもの?

  • LINEで送る

夫として許せない男性はどんなタイプ?

結婚して、夫婦として一緒に暮らしていくとなると、許せないタイプは、あるものです。

女性も、「いくら背が高くてハンサムで、惚れられてたって、こういう人だけは夫として絶対許せない」なんて思うことあります。

「どうしても許せない男性のタイプは?」

アルトマン研究所が、独身女性434人を対象に、複数回答でアンケートしてみた結果、年齢を問わずトップだったのは、「ギャンブル好き」。
ふたりにひとりが、「夫がギャンブル好きだったら許せない」と思っています。

2位以下は、25歳以下だと、「浮気っぽい」、「清潔感がない」、「優柔不断」、「思痴っぽい」、「自分勝手」、「機械音痴」、「おしゃべり」、「手伝わない」、「タバコを吸う」、「酒好き」、「怒りっぽい」、「低身長」、「うるさい」、「頭悪い」、「運動音痴」の順。

25歳以上は、「軽薄」、「浮気っぽい」、「清潔感がない」、「自分勝手」、「ケチ」、「酒好き」、「女好き」、「飲み歩き」の順。
いずれも、「浮気っぽい」と「清潔感がない」が上位を占めている。

「ギャンブル」と「浮気」は家庭崩壊のもとだし、「清潔感がない」というのは、生理的嫌悪感につながりがちな要素です。

こんなに違う恋人に求めるもの

夫に求めるもの恋人から結婚へ

これまでは当然であったこのパターンが、これからは崩壊の運命にあるかもしれない。
女性は恋人に求めるものとして、上から「人柄」「フィーリング」「行動力」「容姿」「趣味の一致」「高身長」であるのに対し、夫に求めるものは「健康」「高身長」「人柄」「包容力」「行動力」「経済力」という順位になった。

このことから、恋人はとにかく一緒にいる時を楽しくしてくれればいい、見てくれよりも、とにかく丈夫な人。

極端ではあるが、そんな図式が浮かび上がってくる。
高身長でハンサム、健康な男性はモテます。それだけ女性は計算高いです。
こうした傾向が続くかぎり、離婚も増加傾向です。

  
       
  
    
  • LINEで送る