婚活パーティーで大幅に成功する確率を上げる方法。マッチングアプリでも使える!

  • LINEで送る

婚活で成功する確率を大幅に上げる方法

デートに誘うのは大変です。そのためには、気になる人がOKする確率を上げる必要があります。
それを実現する実験を紹介します。

お見合いパーティでの実験、デートを受け入れる会話の条件

ハーバード大学の調査では、お見合いパーティ の110人分の会話データから「どのような会話をしているのか、相手はどのように感じているのか」を調査しました。
その結果、お見合いパーティ後にデートに進めることのできる人は、質問の量が多いということがわかりました。

自分の話をするのではなく、他人に色々と尋ねる人のほうが デートの承諾を得やすいということです。
また、約300人の男女をチャットで会話してもらったそうです。
初対面の相手と5分の会話を続けてもらったうえ で、誰がモテるかについて語ってもらいました。
その結果は、質問が多い人(9回以上)は、質問が少ない人(4回以下)に比べて、格段に好かれやすいということがわかったのです。

しかし、15分間に9回以上の質問を考えるのは商単ではありません。
相手も答えを考えるのは精神的負担が多くなります。
ですから、簡単なやり取りが望まれます。

それに適した質問がフォローアップクエスチョンだというのです。
フォローアップクエスチョンとは相手の言葉に対する質問をしていくことです。

フォローアップクエスチョンの使い方

あなた「どこの出身?」 気になる人「〇〇よ」
あなた「へー、僕も○○に住んでいたことがある。○○のどこ?」
気になる人「そうなの? 私はね……」
あなた「僕は……。近いところにいたんだね。
あなた「〇〇駅の近くにさ、〇〇というお店があるよね」
気になる人「あるある。懐かしいね」
あなた「こっちにも〇〇の支店があるの知ってる?」
気になる人「知らない」
あなた「知らないのか。それじゃ、今度案内するよ」
ということから、ドンドン会話が活発になっていきます。

婚活パーティーでは質問上手になろう

こうすれば、1分間に9回以上の質問ができるはずです。
フォローアップクエスチョンは傾聴の領きや合いの手のように「あなたの言うことを聴いていますよ」というサインです。
フォローアップクエスチョンをすることで、彼女はしっかり自分の言葉を聞いてくれているという確信を得て婚しくなります。

彼女は、自分に興味を持ってくれていると感じます。
彼女は自分を評価してくれる人に好意を持つことになるというわけです。
婚活パーティでは、質問上手になろう。マッチングアプリやLINEでも使えます。

  
       
  
    
  • LINEで送る