マッチングアプリでマッチングした相手とデートでの成功方法と気をつけるべき点。

  • LINEで送る

マッチングした人とデート

身長差がある彼女とのデートは?

身長差があるカップルの場合、デートは、すわるチャンスを多くしたほうがいいです。
ついでに視線の角度にも気をつけたほうがいいです。

男同士でも、すごく背の高い男と話すのは、話しにくいものである。
こちらが上から見下ろされているような威圧感を感じるからです。

男女の場合、二人の身長にかなり差がある場合、男のほうは、その点にも注意したほうがいい。
女性は、ふだんから自分より背の高い男性と話すことに憎れているとはいえ、自分よりずっと背の高い男性とのデートでは、やはり威圧感を受けているはずです。

そういう場合は、公園を歩いているのなら「ちょっとベンチに腰かけようか」とか、街中なら、「ちょっと休まない?」と喫茶店にはいるなど、すわって彼女と話す時間を多くすることを心がけるといいだろう。

すわれば、二人のあいだの身長差も小さくなり、視線の角度が水平に近くなる。
このことがコミュニケーションをスムーズにすることは、幼稚園の先生の話し方を見ればわかる。
子どもに何か言い問かせたりするときは、先生はしゃがんで、視線の高さが子どもと 同じになるようにする。

そうすることで、子どもも先生の言うことをよく聞くようになるのである。
彼女も、あなたと同 じ目の高さになれば、心をもっと開いてくれるにちがいない。

仕事は念入りに調べておく

慕われる人は、相手に関する資料を事前にできるだけ集めて、徹底的に読み込んだうえでインタビューにのぞむ。
会社の仕事でもそうだ。もし新しい取引先と会うなら、仕事のできる人ほど周到な準備をするはず。

その会社の評判、資産内容、経営状態、主力商品の知識など、ある程度でも調べてあれば、相手の信頼度が全然違ってきます。
しかし、 仕事の能力もあまり高くないダメ社員ほど、この準備がおろそかになりがちだという。

たとえば、相手先の社長名さえ知らないで、相手に会ったりするから、とんだ恥をかいたりする。
これではまとまる商談でもこわれかねないし、かりにまとまっても、そのあとも納期遅れなど、いろいろなトラブルが起こりそうです。

こうしてみると、仕事と恋愛で使う頭はかなり似ていることがわかるはずです。
段取りよくテキパキと仕事を進め、周囲の信頼を得るのも、彼女の信頼感を勝ち取るのも同じ。

準備をきちんとして、相手の望んでいることに細かく気づき、 相手をできるだけ満足させるように努力する。
そうすれば仕事も恋愛も、おのずと成功に導かれていくのです。

デートは準備が大事

デートの前日、下見をしておけば、彼女のまえでも堂々と振る舞える
準備が大事なのは、段取りよくことを進めるためだけではない。
すこしでも自信をもってデートにのぞむためにも必要なのです。

まえにも言ったように、デートに緊張感はつきものだが、自分に自信のない若い男ほど、この緊張感のプレッシャーにつぶされやすいです。
デート中もビクビクオドオドしがちで、女性からあきれられたりする。

とくに、はじめての場所や、ふだんは行ったことのない一流レストランなどへ行くとそうだろう。
しかし、女性にしてみれば、いっしょにいる男がビクビクオドオドしている姿など、けっして見たいものではない。

なんとも頼りなく見えて、その男がますます色あせて見えるだけだろう。
「こんな調子では、会社でも無能なんじゃないかしら」とまで想像したりする。

女性のこのあたりの直観は実にするどい。
ならば、ちょっとだけ知恵を使う。

デートは下見をしておく

たとえば、どこかの雑誌に出ていた横浜の中華街の店に行こうと決めたなら、デートのまえに、実際に一人で食べに行ってみればいいです。
大学入試の必勝マニュアルにかならず出てくるのが、志望校の 「下見」です。
一度でも大学を下見しておくと、本番でも実力を発揮しやすくなります。

その大学への行き方にしても、一度でも行っていれば、当日も落ちついて行くことができるが、はじめてなら、「この電車でいいんだろうか」とよけいなことまで心配しなければならないからです。彼女と待ち合わせをしたのが、一流のホテルのロビーなどすこしでも気後れしそうなところだったら、「下見」という名の心の準備をしておくことをおすすめします。
これだけでデート成功に半分をかけたようなものである。

女性にデート嫌われる男性とは?

「手も握ってこない男」 「唐突に手を握ってくる男」
好きな女性に触りたいというのは男のごく自然な欲求だから、それ自体はいいです。
しかし、恋愛ベタの男はそのタイミングが悪く、彼女が望んでいるときには何もせず、触られたくないときに手を出してたりして嫌われます。

女性の気持ちもわからないなんて、なんてなさけないヤツなんだと、あとでずいぶん反省する方もいると思います。
女性から手をつないでいいと言わせてはいけないし、これでは、絶好のチャンスを見逃しているだけです。

何回デートしても、手も握らないような男は、女性から不信感を持たれやすく、逆にタイミングも考えずに唐突に、思いつめたように手を握ってくる男も不気味に思われる。
彼女に接触したいという本能を実行するのは、けっこうむずかしいものなのです。
とくに女性は、触れられることに敏感だから、触り方やタイミングによっては強く嫌悪されることにもなる。

伝統的な性役割からいうと、男はだいたい能動的で探索的側面が強い。
能動、探索というのは主に視覚を頼りにするわ けだから、性的な刺激でも男はより視覚的なもので興新しやすい。

もちろん女性も視覚的なものでも興奮するのだが、香り、音、触覚も含めた総合的な刺激を求める面が強い。
ということで、触覚に限っていえば、男より女性のほうが敏感なのである。
だから触るべきときに触り、触ってはいけないときは手を出さないというメリハリがないと、恋愛でも失敗してしまいやすいことになる。

  
       
  
    
  • LINEで送る