女性は、恋愛で目的よりも過程が大事!美人女優は、なぜ普通のマネージャーに惚れる?

  • LINEで送る

女性は、目的よりも過程を楽しむ

映画を見たり、お茶を飲んだり、好きな彼女と二人でデートできるようになると、ズバリと愛を告白し、早く完全なる 関係に持ち込みたいと、男はとかく先を急ぎがちです。
しかし、こんなときにこそ、男性心理と女性心理の構造の違いが顔を出して、言わなければよかったと思うことがあるから気をつける必要があります。

男のほうは、何かことを始めたら、早く結果を出してスッキリしたいと思う傾向が強いです。
つきあってほしいと好意を伝え、女性がイエスといってくれれば、それを土台にすぐ次の恋人段階のステップに進もうとする。

男は女より目的を重視

そこへいくと、女性のほうは、どちらかといえば目的よりも過程をだいじにしたがる心理傾向が強い。
このことはだれでも日常的に経験しているはずです。

たとえばちょっとした買物に出かけるのでも、洋服をどれにしようか、ハンドバッグ は何色にしようかと、男が見ているとイライラするくらい、時間をかける。
売り場でも、パッと見てパッと買うということはまずないです。

もう買うと決めているものでも、あれこれと見て回ってから買ったりする。男は買うと決めているなら、 一目散にそれを買って、とっとと帰ります。

女性は過程も大事

このことは女性が優柔不断だということではなく、何を着ていくのか、ということなどすべてを含めて買物というイベントの過程をだいじにして、楽しんでいるということをあらわしている。

買物だけではなく、女性は物事全般にわたって、その過程を楽しむという傾向が強い。
女同士で旅をするにも、行くまえから大騒ぎで、一泊か二泊くらいでも、どんな服を持っていくのかなどと、何回も電話のやりとりをしたりする。
行くまえから旅行気分は始まっているのだ。

こうした女性に、いきなりだいじなことを告白するというのは、やはりなかなかうまくいくものではない。
たとえばたまにいっしょに映画に行くくらいの仲の男から突然、愛している、ホテルに行こうといわれても、その前段階の恋人つきあいの過程が抜け落ちているから、相手の男にかなり好意を持っている場合でも、「そんなこと急にいわれても」と拒絶反応を示されてしまいます。
彼女に想いを打ち明けるなら、なんといっても根まわしが大切です。

ズバリ言うより、ほのめかしのほうが女性の期待は高まる

女性の気持ちに対する根まわしは、なんといってもほのめかしです。
ほのめかすことで心の準備期間を与え、その過程を楽しませることができる一石二鳥の策である。

たとえば、好きだ、愛してる、というまえに、「きみといるとほんとうに楽しいな」と何回か言っておく。
きみといると楽しいと言われて嫌な気分になる女性はいない。

「私といると楽しいということは、私に好意を持っている。いや、何回も言うくらいだからそれ以上の気持ちでいるかもしれない」と女性は考える。

そして「もし、愛を告白してきたらどうしよう」と一人でドキドキしたり、その瞬間を想像して楽しんだりするのである。
つまり、小石を池に投げ込んだときのように、男が投げたのは、ごく小さなほのめかしという小石でも、女性のほうはそれをネタにどんどん波紋を広げていくのです。

女性が十分にそのレベルを楽しんだと思ったら、次のステップに進めばいい。
また、ほのめかしに似ているが、何かを表現するときは、できるだけ。きれいにすることを心がけたい。

たとえば男同士なら「ちょっとクソしてくるぜ」と、わざときたならしく表現することがあるが、これは女性には通用しない。
「ちょっと便所に行ってくる」でも女性は嫌う。
この場合だったら「トイレ」が適当だろうし、できれば具体的名称をいわずにさとってもらうようにすることだ。

ちょっとエッチな話でもそうだ。女性もエッチな話が嫌いなわけではないが、露骨な表現をされると、眉をしかめてみせるしかなくなる。
セックスの話をするなら、小説の中で美しく書かれたシーン、映画の中で美しく描写されたシーンの話をすれば、女性も何の抵抗もなく話ができる。

もちろん、こういう間接的で美しいセックスの話は、やはり女性の心の準備をうながすものにもなる。
いつまでもお友だちでいるわけではありませんよ。という男側のアプローチになっており、女性も本能的にそれを受け止めて、愛の告白 のときと同じように、もし求められたらどうしよう、と一人で考え、想像したりする。

こうした間接話法は一見、遠回りのようでもあり、頼りないと思えるだろうが、女性に抵抗なく受け入れてもらう 成功率は高いのである。

美人女優は、なぜマネージャーに惚れるのか?

たいへんな美人女優やタレントがマネージャーの男に惚れてしまったとか、いっしょになったという話は、芸能界では けっして珍しくない。
彼女たちには、言い寄ってくる魅力的な男はいくらでもいるはずなのに、外見も、財力もそれほどとは思えないマネージャーをなぜ恋の相手に選ぶのだろうか。

タレントがそのマネージャーに惚れてしまうのは、なんといってもいっしょにいる時間、機会が多いからだろうが、理由はそれだけとは思えない。
マネージャーはそのタレントの仕事の手筈をてきばきと整え、体調の調整にも気をつかう。

有能であればあるほど、準備も段取りもうまく、彼女が快適でいられるように気を配る。
ときにはスキャンダルから守り、私的な部分の相談にも乗る。
こういったマネージャーの仕事は、よく考えてみれば、まるで心底ほれ抜いた彼女につくしているのと同じような内容を持っている。

いつの間にか仕事の関係から、恋人関係に移ってしまっても、すこしも不思議ではないわけです。

女性は女王様扱いを望む

女性の場合、女優やタレントでなくても、女王様気分にひたることを心のどこかで望んでいます。

だから、有能なマネージャーのように、デートでもすべて段取りよく運んでくれ、自分を快適にしてくれる男は、頼りがいも感じるし、魅力も感じます。
「まあ、ふつうの男にとって、そこまで手際よくはできないだろうが、少なくとも彼女とのデートにのぞむなら、少々の準備はしておいたほうがいいです。
備えあれば憂いなしではないが、準備をしておけば、デートの成功率も高くなります。

仕事、人間関係の達人ほど、準備に力を入れる有能なマネージャーに限らず、仕事のできる人は例外なく事前の準備に力を注ぎます。

  
       
  
    
  • LINEで送る